学ぶ・知る

高砂経上半期PV1位は「高砂ボクシングジムが創立20周年」

高砂経済新聞、上半期のPV1位は「高砂ボクシングジム20周年」

高砂経済新聞、上半期のPV1位は「高砂ボクシングジム20周年」

  •  

 高砂経済新聞2018年上半期のPV(ページビュー)ランキングは「高砂ボクシングジムが創立20周年 技術光るボクシングでプロ選手輩出」だった。

上半期PV2位は「高砂のカフェ&雑貨店『ポチ屋cafe』が2周年」

 ランキングは、高砂経済新聞がスタートした今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 高砂ボクシングジムが創立20周年 技術光るボクシングでプロ選手輩出 (1/18)

2. 高砂のカフェ&雑貨店「ポチ屋cafe」が2周年 地元作家の作品など販売 (1/16)

3. 高砂の鶏卵会社が工場祭 新工場で初開催 (5/11)

4. 高砂の廃墟カフェがリニューアル 日替わり店長制に (3/28)

5. 高砂の洋菓子店でかき氷 生クリームとミニケーキをトッピングに (5/22)

6. 高砂のバーがリニューアル ピアノ演奏会や俳優・北原雅樹さんバーテンダーにも (2/15)

7. 「元気ひろめ市 冬の味覚祭」が初の2日間開催 播州を中心に25店 (2/2)

8. 高砂に創作料理店「織食堂」 料理で紡ぐ地域のつながり (6/19)

9. 加古川東高校の吹奏楽部が「ふれあいコンサート」 近隣中学校とのステージも (2/9)

10. 高砂のマクロビカフェがリニューアル 「今まで以上にくつろげる店に」座敷追加も (2/9)

 日本バンタム級の王者や東洋太平洋女子ライトフライ級の王者など日本トップクラスの選手を輩出してきた高砂ボクシングジムが創立20周年を迎えた記事が注目を集め、1位に輝いた。

2位には古民家をリノベーションして手作り雑貨も販売するカフェ「ポチ屋cafe」。4位にも古民家を改装してカフェなどを営業する「荒井廃墟」がランクイン。ほかにも洋菓子店「羊の家」のかき氷や地域のつながりを大切にする創作料理店「織食堂」など飲食店が上位となった。

 3位の鶏卵工場が地域住民を対象にオリジナルプリンやアイスクリームなどを販売したイベント「卵♪卵♪工場祭」や8位の「元気ひろめ市 冬の味覚祭」、ランク外となったが11位の「市ノ池green marche」、12位「ファンベースvol.5~ミンナガツナガルマーケットin高砂」といった地元の食に関連したテーマのイベントも人気が高かった。

 高砂経済新聞は7月18日で1周年を迎える。今後も地域の人たちが親しみの持てる情報を届けていきたい。