見る・遊ぶ

高砂・曽根天満宮で春祭り「花の会」 お茶会や植木市など春の訪れ

曽根天満宮庭園の様子

曽根天満宮庭園の様子

  •  
  •  

 高砂市曽根町の曽根天満宮で3月25日・26日に「春祭り」が開催される。

植木市の様子

 菅原道真公の命日であるこの時期に毎年開催され、献書、献花、献木などが行われてきた。今年も盆栽展や生け花展などが催され、曽根天満宮の氏子区域内の各小学校などから書画が奉納される。

[広告]

 お茶席(400円)は毎年500人を超える参拝者が参加し、生菓子と抹茶で春の訪れを楽しむ。境内では植木市も開かれ、多数の参拝者が鉢植えなどを購入することから春祭りは別名「花の会」とも呼ばれている。

 曽根天満宮禰宜(ねぎ)の曽根潤さんは「お茶会に参加して、生菓子とお抹茶で春のひとときを過ごしてもらえれば」と話す。「春祭り以外にも秋祭りや梅祭り(3月第1週)、輪ぬけ祭り(6月30日)などの行事もある。その時々で違う天満宮を感じていただければ」と参拝を呼び掛ける。

 問い合わせは曽根天満宮(TEL 079-447-0645)まで。

  • はてなブックマークに追加