見る・遊ぶ 学ぶ・知る

高砂の市ノ池公園で押し花展 押し花作り体験も

作品と共に来場を呼び掛ける池野さん

作品と共に来場を呼び掛ける池野さん

  •  
  •  

 押し花展と体験会が4月27日から5月3日まで、高砂市市ノ池公園のみどりの相談所で開催される。高砂の「ふしぎな花倶楽部のじぎく会」が主催。

昨年の展示の様子

 同会はハインドメードを通じて豊かな生活を提案する日本ヴォーグ社が運営する高砂を拠点とした押し花教室。会員は毎月四季の草花を持ち寄り、中筋公民館や高砂コミュニティセンターで作品作りを楽しんでいる。

[広告]

 同会で講師を務める池野清子さんは「押し花は平面で表現するアート作品が数有る中でも、独特の面白さと奥深さがある。花一輪とっても、押す方向や開く方向を変えることで、普段目にするのと違った表情を見せてくれる。姪の結婚祝いに記念写真と一緒に額に入れた披露宴の装花は今も色あせず、鮮やかなままで残っている」と押し花の魅力を話す。

 市ノ池公園の押し花展は今回で20回目を迎える。活動を始めた時は高砂郵便局や大塩郵便局の展示コーナーを借りて作品を披露していたが、当時の園長とのつながりから恒例行事になったという。

 池野さんは「初めて見せられた押し花を絵画と見間違え、その表現と華やかさに感動したのが始めるきっかけだった。一人でも多くの方に押し花の魅力を感じてもらいたい」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は、押し花展=10時~17時(最終日は16時)、体験会=10時~15時(5月3日のみ)、参加無料。予約不要。問い合わせは「市ノ池公園みどりの相談所」(TEL 079-447-6401)まで。

  • はてなブックマークに追加