食べる

高砂に弁当・総菜の持ち帰り専門店 和食25年の料理人が作る

店内

店内

  •  
  •  

 弁当・総菜持ち帰り専門店の「糧(かて)」(高砂市荒井町、TEL 079-497-5688)が8月11日にオープンした。来店客は自転車や徒歩で来る近所の住民が多く、昼は弁当、夕方は総菜がよく売れるという。

店内

 同店は和食に携わって25年の五島幹夫さんが作り、妻の真奈美さんが店頭で販売を行い夫婦で営業している。

[広告]

 真奈美さんは「地元に住んでいて、持ち帰りのお店や弁当屋がこの周辺にはそれほどないと思いオープンさせた。食事は大事で、店名は名前の通り皆さまの日々の『糧』になるようにと付けた。サバ煮付けやだし巻き卵がお薦めで一度食べてみてほしい」と話す。

 メニューは、しょうが焼き弁当(734円)のように定番のものから、中身が仕入れによって変わる総菜9種盛り(842円)などの弁当が10種類ほど、サバ煮付け(432円)、だし巻き卵(410円)、だし巻き卵あんかけ(410円)などの一品が10種類ほどある。

 真奈美さんは「全て手作りで、仕入れと仕込みによってメニューが変わるものがある。毎日食べても飽きないよう、ほかにはない弁当作りに挑戦していきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~18時(売り切れ次第終了)。

  • はてなブックマークに追加