3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

高砂で約110年続く法務・会計事務所が相続本出版 兄弟で執筆

新刊「田舎の相続」をPRする兄の梅谷正太さん(左)弟の梅谷俊平さん(右)

新刊「田舎の相続」をPRする兄の梅谷正太さん(左)弟の梅谷俊平さん(右)

  •  
  •  

 高砂の法務・会計梅谷事務所(高砂市春日野町)が1月20日に「田舎の相続」(金融ブックス刊)を発刊した。

高砂にある「法務・会計 梅谷事務所」

 著者は、4代目として代表を務める梅谷正太さんと梅谷俊平さん兄弟。同事務所は、高砂市内で土地家屋調査士・司法書士・行政書士業務を行ってきた。1909年の明治時代から約110年続く老舗で、現在は兄弟で、事務所には16人の土地家屋調査士・司法書士・公認会計士・税理士・行政書士など専門家が在籍する。特に成年後見業務や遺言・遺言執行業務、家族信託業務などを中心に行っている。

[広告]

 出版するきっかけについて「長いことしていると事例など書くことはたくさんある。本を出してみたい思いと自分たちが主催しているセミナーで渡したかった」と俊平さんは話す。制作期間はおよそ半年。「法律に関するものなので、間違いがないかのチェックに時間と労力がかかった」と言う。

 書籍では、よく相談される事例に即して具体的な30のQ&Aを通して解説。事務所には、相続・遺言に関して年間300件の相談があり、「感情や関わる人など、同じものがない」と言う。

 正太さんは「意外に分けるほど相続するものがない方がもめることもある。全員に関わる話で遠い話でもない。読みやすいので生前対策としてもぜひ読んでもらいたい」と話す。

 価格は1,650円。