3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

高砂発の食パン専門店が地元に新店 セントラルキッチンで季節限定商品のパン生地製造も

製造スタッフの小林祐里奈さんと「白鷺」

製造スタッフの小林祐里奈さんと「白鷺」

  •  
  •  

 「株式会社本多」(高砂市北浜町)が2月22日、熟成純生食パン専門店 本多 高砂北浜店(高砂市北浜町)をオープンした。

「高砂北浜店」外観

 店舗面積は約62坪。白色と黒色を基調に姫路城をイメージしたデザインの店内は、各所に食パンをモチーフにしたクッションや表札などを置き、来店客の目を楽しませる。

[広告]

 「『本』物の純生食パンを提供し、『多』くの人に食を通して喜びを感じてもらう」をモットーに2017(平成29)年11月、姫路市二階町に1号店の姫路総本店を出店してから、同店で10店舗目となる。セントラルキッチンを備える高砂北浜店では、各店舗へ発送する季節限定商品のパン生地製造も行う。

 代表の本多弘幸さんは「高砂北浜店は当初、パン生地の製造所としての稼働を予定していたが、本社も所在する地元に店舗を作ってほしいという地元顧客の声に応えてオープンを決めた」と話す。

 販売する商品は、北海道産マスカルポーネチーズを練り込み、湯種製法で作った「雅」(2斤=864円)、北海道産バターを生地に練り込み、冷蔵低温熟成を16時間以上かけて中種製法で作った「白鷺」(2斤=1,080円)、北海道産生クリームとバター、4種類のブドウを使った「極ぶどう食パン」(1斤=1,620円)など。

 本多さんは「今後は高砂北浜店のセントラルキッチンの機能を生かして、さまざまな季節ごとの商品開発を行い、たくさんの方に喜んでもらえるよう頑張っていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~18時(売り切れ次第終了)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加