3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

高砂の「大衆酒場はるひ」が1周年 ボリュームある肉料理ランチ定食が人気

ランチをPRする小口オーナー

ランチをPRする小口オーナー

  •  
  •  

 高砂の大衆酒場はるひ(高砂市高砂町)が3月11日、1周年を迎えた。オープン当初ランチは行っていなかったが、1~2カ月後にはランチを始めた。

「大衆酒場はるひ」の外観

 店内は、店舗面積約50坪のテーブル48席、掘りごたつ60席。唐揚げや串ものなどの肉料理をメインに、お造り盛り合わせなど季節の魚料理も提供する。昼は年配の方やサラリーマン、夜は会社帰りに訪れる方が多いという。

[広告]

 1年たって「大衆的なものが人気で、昼は鶏南蛮定食や鶏の唐揚げ定食、豚のしょうが焼き定食。夜は焼き鳥や牛、ハラミやホルモンなどの串ものとお酒の注文が多い」と料理長の原政彦さんは話す。

 オーナーの小口哲弥さんは「当店は昼夜ともに、ボリューム満点でリーズナブルな価格が売り。おなかいっぱいになれるお店です。ぜひ、おひとりからご家族まで食べに来て」と呼び掛ける。

 営業時間は、11時30分~14時30分、17時~24時。

  • はてなブックマークに追加