3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

高砂市のマスコットキャラ「ぼっくりん」 トイレットペーパーに変身

ぼっくりんトイレットペーパーが店頭に並ぶ「結びん」の前でPRするろみひーさんと紀子さん

ぼっくりんトイレットペーパーが店頭に並ぶ「結びん」の前でPRするろみひーさんと紀子さん

  •  
  •  

 高砂市のマスコットキャラクター「ぼっくりん」の公式グッズ「ぼっくりんオリジナルトイレットペーパー」の販売が始まった。手掛けたのはバルーンショップ「e-スマイル」(高砂市神爪、TEL 079-451-7000)。

全6種類のぼっくりんオリジナルトイレットペーパー

 同社は風船だけでなくデザイン事業も業務としており、紙媒体から看板製作、垂れ幕・横断幕なども手掛けている。今回作製した地元高砂のノベルティーグッズ「ぼっくりんオリジナルトイレットペーパー」は全部で6種類。いろいろな愛らしいぼっくりんが描かれたものから、「ちょっとしたあいさつ用途」も意識したのしが入ったデザインや、縦に積み上げるとぼっくりんでメッセージや社名を伝えることが可能になるセットタイプのものも取りそろえている。

[広告]

 店長の伊藤紀子さんは「受け取った側が『これ、どうしようかな』と迷うこともなく、残ってしまうものでもなく、消費期限があるわけでもなく、誰もが生活必需品になるもの。たとえ粗品だとしても、飛びっ切りの『キモチ』を贈れるものにしたいと思って企画した」とグッズ開発について話す。オーナーのろみひ~さんは「ただ、その頃は世間がまさかこんなに品薄になるとは思ってなかった。協力先には『無理はしないで』と言っていたが、少し落ち着いてきたみたい」とグッズのお披露目にほほ笑む。

 「ショップ名の『e-スマイル』やバルーンと同じで、誰かが笑顔になってくれることがうれしい。『ぼっくりんトイレットペーパー』も皆さんに使ってもらった分だけ笑顔が生まれるし、高砂市とぼっくりんのPRにもなるので愛用してほしい」と話し、「まずは包装デザインだけだが、世間が落ち着きを取り戻したらロール部のデザインも検討したい」と意欲を見せる。

 1個200円。バルーンショップ「e-スマイル」、まちの観光会館「結びん」で販売する。名入れや大量注文は商流情勢を踏まえ、別途相談可。