3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

高砂・松陽高校と自動車販売店が防災イベント 自動車で電源供給し缶詰パン温め

自動車で電源供給し、缶詰パンを温める

自動車で電源供給し、缶詰パンを温める

  • 64

  •  

 兵庫県立松陽高校と神戸トヨペット高砂店(高砂市中島)が7月4日・5日、同店を会場に災害に備えたコラボイベントを行った。

試食・販売会の様子

 同イベントは停電時に電源として使える自動車から供給された熱で、同校が開発した缶詰パン「松の陽だまりパン」を湯せんし、来店者に試食をしてもらう企画。「松の陽だまりパン」は同校が昨年開発・商品化した備蓄食で、温めることでよりパンの柔らかさや風味が増すという。コラボのきっかけは昨年11月に共に参加した高砂市総合防災訓練。そこから交流を深め、同店から連携イベントの提案があったという。同校2年の松本唄さんは「自分たちが開発したパンをいろんな形で工夫して考えてくださってありがたい」と話す。

[広告]

 店内には元気よくパンをPRする生徒たちの声が響き、2日間で147缶が販売された。同店の木場光治店長は「生徒の皆さんがいろいろ考えてくれたおかげでイベントが開催できた。これからも地域に根差し、絆づくりを大切にしていきたい」と笑顔で話す。

  • はてなブックマークに追加