3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

鹿嶋神社の御朱印に「アマビエ印」 普通の生活が戻るまでの期間限定

アマビエ印のある御朱印をもつ西谷宮司

アマビエ印のある御朱印をもつ西谷宮司

  • 83

  •  

 鹿嶋神社(高砂市阿弥陀町)の御朱印に、期間限定で金色の「アマビエ」をあしらった印が押印されている。

鹿嶋神社の御朱印

 「アマビエ」は疫病から人々を守るとされている妖怪で、印には「アマビエ」のイラストと無病息災の文字が記されている。西谷真太郎宮司は「新型コロナウイルスを受けて、5月上旬から始めた。普通の生活が戻るまで、マスクが取れるくらいまでかな」と期間について話す。アマビエ印は井上文尚堂(加古川市加古川町)の寄贈という。

[広告]

 西谷宮司は「新型コロナウイルスの影響もあって、5月は御朱印の授与が少なかった。6月からは御朱印を集めている方も多く、以前の感じに戻ってきた。平日で4~5件、土日で10~20件はある。期間限定ということもあって皆さんに喜ばれている」と話す。

 御朱印は300円。祈念・朱印は8時~16時。お守りの授与は8時~17時(17時以降は無人での授与)。参拝は24時間。