見る・遊ぶ 学ぶ・知る

高砂で街歩きイベント「曽根街BuRaRa」 歴史ある街並みを楽しむ

曽根小町クラブのみなさん

曽根小町クラブのみなさん

  • 25

  •  

 高砂市曽根町の神社や寺院を巡る「曽根街BuRaRa~神社とお寺編~」が兵庫県重要文化財に指定されている旧入江家住宅(高砂市曽根町)の一般公開に合わせて11月7日・8日に開催される。主催は曽根小町くらぶ(TEL 090-1896-9853)。

寺院神社写真一覧

 同団体は旧入江家住宅を活用して各種行事を開催することで住民同士の交流を促していくとともに、芸術や伝統文化の振興につなげていく活動をしている。同イベントは市民と行政が互いに補完しながら協働で取り組む事業である、2020(令和2)年度高砂市「夢のシロ」補助金対象事業の一つ。

[広告]

 イベント当日は旧入江家住宅で受付をして地図を配布。地図を見ながら自由に神社や寺院を巡りながら本堂や庭を拝観できる。「圓通寺」(高砂市曽根町)では両日、13時から座禅会を30分程度で催す。旧入江家住宅では「秋の企画展ちひさきもの」が同時開催される。入江家の子どもが遊び親しんだ積み木や飾りもの、ままごと道具などの「ちひさきもの」が展示される。

 同団体の北野千尋さんは「今回の町歩きイベントは初めての試み。旧入江家住宅が曽根にとってどのような役割があるのかを思いながら歩いてもらい、地元の人達には再度自分たちの町に興味を持ってほしい。文化は地元の人たちの思いで残っていくものだと思うので楽しみながら残していけたら」と話す。

 開催時間は10時~15時。参加無料。圓通寺の座禅会は当日受付。「旧入江家住宅一般公開」と「秋の企画展ちひさきもの」は16時まで。

  • はてなブックマークに追加