学ぶ・知る

東播和菓子組合がロゴマークのデザイン募集 新組合結成後、最初の事業

東播和菓子組合のメンバー

東播和菓子組合のメンバー

  • 26

  •  

 「東播菓子工業組合」から組合の名称が変わった「東播和菓子組合」が、その最初の事業として2月1日から同組合ロゴマークのデザインを募集している。

総会の様子

 同組合は現在、加古川市、高砂市、稲美町(加古郡)、大塩町(姫路市)にある和菓子店12店舗で構成。1月19日に行われた総会で組合の名称変更と、福田裕文さん(福助堂=高砂市荒井町若宮)の新会長就任が決定した。ロゴマーク作成について福田さんは「各店舗のPRは個々で行っているが、組合としてのアピールをしたかった」と企画理由について話す。

[広告]

 「和菓子が好き」であれば、プロ・アマ、年齢などは問わず誰でも応募できる。福田さんは「和菓子の魅力を存分に表現し、子どもから年配の方々まで親しみを感じてもらえるようなロゴマークができれば」と期待を込める。

 募集期間は3月31日まで。組合役員による選考委員会で最優秀賞1人(賞金3万円)、優秀賞1人(賞金1万円)、組合賞12人(組合店舗より和菓子詰め合せ)が選ばれ、最優秀作品は同組合ロゴマークとして各店舗などで使用される。

 ロゴマークの募集に関する問い合わせは福助堂(TEL 079-442-4112)まで。

  • はてなブックマークに追加