食べる 暮らす・働く

高砂に菜食カフェ「インヤン・フラワー・カフェ」 企業の社員寮物件を改装

店主の髙橋朗子さん(右)とスタッフの宮嵜やゆみさん(左)

店主の髙橋朗子さん(右)とスタッフの宮嵜やゆみさん(左)

  •  

 高砂に菜食カフェ「インヤン・フラワー・カフェ」(高砂市高砂町、TEL 079-451-6008)がオープンして1カ月がたった。

菜食ランチ

 2012年から三田、京都で5年間の営業後、高砂に移転した同店。店舗は企業の社員寮として使われていた建物を改装した。店舗面積は約10坪。席数はカウンター席、テーブル席の計14席。このほか、集会、勉強会、展示会に使える個室も備える。

[広告]

 店主の髙橋朗子さんによると、店名の「インヤン」は、中国の陰陽思想を取り入れた食材や調理法を提供したいとの思いを込めて名付けたという。

 髙橋さんは「食材は、丹波の有機農家と契約し仕入れ、放射能検査も行っている」と話す。

スタッフの宮嵜やゆみさんは「コーヒーもオーガニックの豆を自分で焙煎(ばいせん)し、深いりすることで酸味を控えめにし飲みやすいオリジナルブレンドにしている。食事だけでなくゆっくりできる空間づくりにも力を入れている」と笑顔を見せる。

 メニューは、菜食ランチ(1,000円)、カリカリお揚げさんのカレー(900円)、モーニングセット(ドリンク価格+100円)、菜食ディナー(1,500円、ブレンドコーヒー(450円)、オーガニックジュース(オレンジ、アップル=以上500円)。

 髙橋さんは「市内外から高砂に多くの人が訪れるようになってほしい。自分の店がそのきっかけの一つになれれば」と意気込む。

 営業時間は、月曜~金曜=9時~18時、土曜・日曜=9時~2時。