見る・遊ぶ

「高砂マラソン」開催へ 男女ペアや仮装ランナーも募集

参加を呼び掛ける事務局の五百旗頭さん

参加を呼び掛ける事務局の五百旗頭さん

  •  
  •  

 「高砂マラソン」が12月1日、県立加古川河川敷マラソンコースで開催される。

昨年の様子

 参加者の健康づくりを目的に行っている同大会は今年で33回目。高砂市文化会館東側を拠点に、河川敷を折り返すコースとなる。10マイル(16キロ)、5キロ、3キロ、2キロ、1.6キロのコースがあり、男女や年齢ごとに20部門に分かれて行われる。昨年は市内外から800人以上のランナーが参加した。

[広告]

 同大会事務局の五百旗頭孝之さんは「1.6キロのコースは『ジョギング1マイル』として全年齢対象、当日受付となる。気軽に参加できる部門も多い」と話す。

 5キロには「結びのまち」にちなんで男女ペアの部を設ける。男女2人で参加し、手をつないで同時にゴールを目指す。2人の合計年齢が最高のペアに「尉と姥賞」、仮装や大会を盛り上げたペアには「ベストパフォーマンス賞」を用意する。

 五百旗頭さんは「昨年はアフロのかぶり物やアニメキャラクターの着ぐるみ、サンタクロースなどの仮装ランナーがいた。フラットなコースで走りやすい。短い距離も多いのでマラソン大会が初めての人もぜひ参加してほしい」と呼び掛ける。

 参加費は、10マイル・5キロの部=各3,000円、男女ペア=1組5,000円、中学生・小学生の部=1,000円、ジョギング1マイル=300円。郵便振替による申し込みは10月11日まで、インターネット申し込みは10月18日まで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加