暮らす・働く

高砂・鹿嶋神社が「涼」演出 参道にミストシャワーと境内に風車トンネル設置

風車のトンネルと宮司の西谷真太郎さん

風車のトンネルと宮司の西谷真太郎さん

  •  

 鹿嶋神社(高砂市阿弥陀町)が6月16日、参道にミストシャワー3基、境内に風車のトンネル1カ所を設置し、参拝者から涼しげだと話題を呼んでいる。

参道に設置したミストシャワー

 ミストシャワーの設置は昨年に次ぎ今年で2回目。風車のトンネルは今年初めて設置した。地元住民が竹材で枠組みしたトンネル内には4色の風車を196個並べる。風車は全て宮司の西谷真太郎さんの手作りという。西谷さんは「クリアファイルやストロー、竹串など簡単に手に入るもので作った。参拝者に少しでも涼しさを感じてもらえたら」と話す。

[広告]

 毎年約45万人の参拝者が訪れるという同神社。6月から9月までの時期は行事もなく、暑さが続くこともあり参拝者は少なくなるという。西谷宮司は「桜の花見シーズンが終わると徐々に参拝者が減るが、暑い時期でも神社に来てほしい。神社に涼みに行く気軽な気持ちで足を運んでもらえたら」と話す。毎月一回は訪れるという参拝者は風車を見て「カラフルできれい。とても涼しそう」と笑顔を見せる。

 ミストシャワーの稼働時間は8時~16時30分。9月31日まで。