暮らす・働く

高砂演奏連盟、「音楽あふれる街高砂」目指して演奏会

コンサートをPRする出演者の皆さん

コンサートをPRする出演者の皆さん

  •  
  •  

 高砂市中央公民館(高砂市伊保東)で4月8日に、高砂演奏連盟が主催するコンサート「コンセール・ブリア」が開催される。

忙しいスケジュールを調整して行われる練習風景

 同連盟は、演奏を楽しむさまざまな立場の人がジャンルを越えて協力しながら発表の場を持つことで親睦を図り、地域の文化向上と青少年の健全育成を図ることを目的とし2001年に設立された。

[広告]

 同コンサートは「豊かな心を育む街高砂」「音楽のあふれる街高砂」を目指して名曲を届けることを目的に、これまで2017年4月と11月に開催され、今回で3回目となる。「コンセール・ブリア」とはフランス語で「輝く演奏会」を意味する。

 会長の岩見一美さんは開催経緯について「高砂には音楽サロンがあまりない。もっと街中で気軽に上質な音楽を聴ける機会をつくりたいと思い、昨年から公民館で開催を始めた」と話す。

 今回のコンサートではクラシックだけでなく、シャンソンやジャズなどの演奏も披露する。楽器もトランペット、ピアノ、フルート、ファゴット、アルトサックスなどの洋楽器に加え、法螺や尺八などの和楽器との競演も見どころの一つという。法螺・尺八奏者の大中政實さんは「五線譜を尺八譜に書き換えたり、アンサンブルの際に影響が出にくい編曲をしたり、さまざまな工夫により今回の競演が実現した」と話す。

 「プログラムの最後は来場者の方も一緒に歌ってもらえるメドレーを演奏する。近年では教科書にも掲載が減ってきている昔ながらの名曲を歌い継いでもらえるよう、これまでのコンサートに引き続き、会場全員で音楽を楽しんでもらえる機会としたい。前回もたくさんの来場者の方が気持ちよく合唱されていた。これまで参加されたことのない方にも来場いただき、音楽を楽しんでもらえればうれしい」と来場を呼び掛ける。

 14時30分開場、15時開演。入場無料(事前に高砂市中央公民館事務所で入場整理券の申し込みが必要)。問い合わせは高砂演奏連盟(TEL 079-254-4202)まで。

  • はてなブックマークに追加