フォトフラッシュ

高砂の高校生がパンの缶詰「はりまパン」開発 防災訓練で配布

高砂市総合防災訓練が11月4日、高砂市立伊保南小学校(高砂市梅井2)で行われ、高校生が開発した食物繊維が入った保存食となるパンの缶詰「はりまパン」50食を配布した。写真=初期消火訓練を行う外国人と地元住民

  •  

高砂市総合防災訓練が11月4日、高砂市立伊保南小学校(高砂市梅井2)で行われ、高校生が開発した食物繊維が入った保存食となるパンの缶詰「はりまパン」50食を配布した。