食べる 買う

高砂の「たまごのお店」が6周年 感謝フェアも

感謝フェアをPRする「籠谷」の古川さん

感謝フェアをPRする「籠谷」の古川さん

  •  

 高砂の「たまごのお店 籠谷」(高砂市荒井町)が7月20日で開店6周年を迎えた。

ブランド卵「高砂の夕日」

 同店は、鶏卵会社「籠谷(カゴタニ)」が自社の業務用鶏卵加工品などについて地域の方にもっと知ってもらおうと2012年にアンテナショップとして開店した。同社のエッグライフ事業部近澤圭さんは「開店する前の1年間、本社前のスペースで定期的にイベント販売を開催した。そこでお客様からのご要望などに直接触れられることができ、開店することになった」と開店時について振り返る。

[広告]

 同店では「たまごの郷 奥丹波」や「高砂の夕日」などのブランド卵から、業務用タルタルソース、マヨネーズ、卵サラダ、味付けゆで卵、厚焼き卵、明石焼きなどの加工品、バームクーヘン、オリジナルプリン、アイスクリームなどのスイーツまで卵を使ったさまざまな商品を販売している。

 同事業部の古川万葉(まよ)さんは「卵はパック販売以外にも1個から買うことができるので、毎日新鮮な卵が食べたいという方や家族の人数が少ないご家庭の方にも好評いただいている」と話す。

 「運営会社の「籠谷」は2021年に創業100年を迎える。『たまごの店 籠谷』もこれから10年、20年と地域に愛されるお店を目指して頑張っていきたい」と古川さんは笑顔を見せた。

 7月20日から31日までは6周年を記念して感謝フェアを開催。期間中はポイントカードのポイント2倍や1,000円以上購入ではずれなしのくじ引きなどの企画を展開する。

 営業時間は、平日・土曜=9時30分~18時、日曜=9時~16時。問い合わせは、たまごのお店 籠谷(TEL 079-444-2410)まで。