天気予報

33

24

みん経トピックス

高砂、映画ロケ地誘致強化へ夏休み宿題謡曲高砂丸暗記

高砂海浜公園で光と音楽の花火大会 「高砂の魅力と元気感じて」

高砂海浜公園で光と音楽の花火大会 「高砂の魅力と元気感じて」

イベントをPRする実行委員会の青柳さんと木澤さんと上田さん

写真を拡大 地図を拡大

 高砂で恒例の花火大会「Night Fantasy Illusion TAKASAGO 2017」の個人協賛入場券の申込みが8月5日に始まる。主催はNight Fantasy Illusion実行委員会。

NFI限定のマフラータオル(ブルー)

 同イベントは、光と音楽、花火で夜空を彩る花火大会で、高砂の町の元気を広く発信しようと企画。高砂の未来を担う若者が「高砂をより良くしよう」という思いで団体の垣根を越え組織した実行委員会で運営する。

 高砂市制60周年の2014年に初開催し、4回目の今年は9月23日に開催する。来場者7000人限定の花火ショーは、会場全体を幻想的な世界で演出する。向島公園の会場では、LEDイルミネーションのほか飲食店など約30ブースが出店する。

実行委員会会長の青柳淳さんは「白い砂浜と緑の松など高砂を象徴とする風景が現存する高砂海浜公園に来場し、高砂の魅力を改めて感じてもらいたい」と話す。

8月5日10時より申し込みが始まる個人協賛入場券は、一口500円につき1枚配布され、1人5口まで申し込みが可能。協賛申込の窓口は高砂商工会議所前、高砂観光交流ビューロー、高砂市文化会館、駅前観光案内所ちちり、ふれあいの郷生石研修センターの計5カ所。

今年は記念グッズとして「NFI限定マフラータオル(ブルー・レッド)」も同日に販売され、売り上げは運営費に充てられる。

「本来であれば来場したいという皆さんにご来場いただきたいが、警備上の安全面を考慮し入場制限を設けている。今年は地元ケーブルテレビでの生中継を予定しており、来場できない方にはテレビでも楽しんでもらえる」と青柳さん。

「このイベントを通じて来場者や視聴者などたくさんの皆さんに高砂の魅力と元気を感じてもらいたい」と笑顔を見せる。

開催時間は16時50分~21時。雨天の場合は翌24日開催。

グローバルフォトニュース