食べる

高砂にショコラ工房 小麦や酒使わずカカオの風味楽しめる味に

シックな店内と店主の萬山貴司さん

シックな店内と店主の萬山貴司さん

  •  
  •  

 ショコラ工房「MANYAMA」(高砂市曽根町、TEL 079-448-8656)が1月、高砂市曽根町にオープンした。

貴族のハイカカオショコラ(左)、ショコラショコラ(右)

 店主の萬山貴司さんは、数十年にわたり洋食店を経営。当時デザートで提供していたショコラが人気商品となったことから、同店をオープンすることになったという。

[広告]

 取り扱うショコラは、原材料にこだわった「ショコラショコラ」(2,700円)と、「貴族のハイカカオショコラ」(3,700円)の2品。「ショコラショコラ」は、カカオの風味が自然に口に広がり、子どもでも食べやすくなっているという。「貴族のハイカカオショコラ」はフランス産ハイカカオを使い、「高級感があり、10秒ほどカカオの余韻に浸れる」と言う。原材料はカカオ、卵、砂糖、国産無塩バターのみで、「小麦粉や酒は一切使っていない」。

 萬山さんは「ショコラのしっとり感を大切にするため小麦粉を使用していない。小麦粉アレルギーの方も安心して食べていただきたい」と話す。

 ショコラの食べ方について、「冷蔵で食べれば生チョコ感が増し、常温で食べれば滑らかなチョコレートになる。レンジで5秒~10秒温めるとフォンダンショコラのようにとろける食感を堪能できる」と萬山さん。「当店のショコラはウイスキーとも合うように作っているので一緒に楽しんでほしい」とも。

 萬山さんは「幅広い年齢層の方に楽しんでいただける。お土産にも最適だが、自分用で購入される方もたくさんいる。本来のカカオの風味と滑らかな食感を楽しんでいただければ」と笑顔で呼び掛ける。

 営業時間は10時~売切れ次第終了。1日限定約20本。

  • はてなブックマークに追加