暮らす・働く

高砂の吹奏楽団が定期演奏会 チャリティー目的に34回目

定期演奏会をPRする橋本英之さんと長谷川由貴さん

定期演奏会をPRする橋本英之さんと長谷川由貴さん

  •  
  •  

 高砂市文化会館(高砂市高砂町)で11月19日、「高砂市吹奏楽団定期演奏会」が開催される。

高砂市吹奏楽団のメンバー

 高砂市文化祭り事業の一つとして、高砂市吹奏楽団が日頃の活動の成果の発表とチャリティーを目的に毎年開催している同公演は今年で34回目。会場で集められた募金は高砂市福祉協議会へ寄付される。

[広告]

 演奏会は3部構成で、第1部は「イーストコーストの風景」など主に吹奏楽で演奏される曲、第2部は歌劇「アイーダ」より凱旋(がいせん)行進曲とバレエ音楽などオーケストラで演奏される曲、第3部はNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」メインテーマなどポップスを演奏する。

 事務局の橋本英之さんは「歌劇『アイーダ』の凱旋行進曲は、サッカーの応援でなじみ深いフレーズが出てくるので耳を澄ませてほしい」と話す。「今回は加古川東高校の約20人がメインステージから離れた場所で演奏を行う『バンダ』として活躍するので注目してもらえたら」とも。

 橋本さんは「8月のコンクールが終わってから団員一丸となって定期演奏会に向けて練習を重ねてきた。当日はすべての曲を目いっぱい演奏したい」と意気込む。

 開場=13時30分、開演=14時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加