見る・遊ぶ

高砂で親睦芸能発表会 40組が民舞・詩吟・コーラス・踊りなど披露

高砂市老人クラブ連合会の増田賢藏さん、光田剛啓(よしひろ)さん、本城清美さん

高砂市老人クラブ連合会の増田賢藏さん、光田剛啓(よしひろ)さん、本城清美さん

  •  
  •  

 高砂市文化保健センター(高砂市高砂町)中ホールで3月7日、「第23回 親睦芸能発表会」が開催される。主催は高砂市老人クラブ連合会。

昨年のイベントの様子

同発表会は高砂市内の老人クラブ68団体で構成される高砂市老人クラブ連合会の活性化と会員の親睦を目的に毎年開催されており、今回で23回目。

[広告]

当日は同会に所属する約3600人の中から市内8つの町ごとに数人が選出され、今回は40組が民舞、詩吟、コーラス、盆踊り、カラオケなどのステージを披露する。オープニングでは賛助出演として、地元の高齢者大学「松陽学園」4年生の約20人が出演し、エイサーを披露する予定。

同会の光田剛啓(よしひろ)さんは、「地元に伝わる曽根音頭を約20人で踊る。現在、本番に向けてメンバーで練習を重ねている」と話す。同会の増田賢藏会長は「『高砂を詠ず』の詩吟を夫婦露する。高砂の名所がたくさん出てくる内容になっているのが聴きどころの一つ。た、発表会の最後には毎年恒例の出演者全員よる『故郷』の合唱を行うので最後まで楽しんでほしい」と話す。

「発表会には老人クラブの会員以外の方も来場できるので、たくさんの方に会員の元気なステージをご覧いただき、老人クラブの楽しさや仲間づくりの素晴らしさを感じてもらえれば」と増田会長は笑顔を見せる。

 開催時間は13時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加