買う 暮らす・働く

高砂に雑貨新店 委託販売やワークショップも、「地域交流の場に」

スタッフの村瀨由香さん

スタッフの村瀨由香さん

  •  
  •  

 「小さな小さな雑貨屋 くっき~さくら」(高砂市神爪1)が4月14日、高砂にオープンした。

店内の委託販売スペース

 店舗面積は約16坪。白を基調としたすっきりとした店内には、店舗名にも使われている店のマスコットのチンチラ「くっき~」と「さくら」のゲージを置き、店員と2匹が来店客を迎える。

[広告]

 店主の村瀨良介さんは「これまでインターネットで雑貨を販売していたが、地域に根差した営業も行っていきたいと考え店を開くことになった」と話す。

 店内には鉛筆やノートなどのキャラクター雑貨や駄菓子の販売コーナーのほか、プリザーブドフラワーやハーバリウム、キッズアクセサリーなどハンドメード作品の委託販売コーナーとワークショップのレンタルスペースを用意し、地域の方の交流の場を目指す。

 村瀨さんは「飲食自由でWi-Fiも利用できる憩いの場(1時間100円)も提供している。学生証の提示で利用料が半額になるので、大人だけでなく学生にも気軽に利用してもらいたい」と話す。

 営業時間は10時~19時。日曜定休。ワークショップレンタルスペース利用料は1時間750円(ワンドリンク提供)、委託販売手数料は売上の8%(初回のみ登録費用=1,080円)。

  • はてなブックマークに追加